最後に金額をもう一度!
中文マッサージ、私たち一緒にアロマで疲労回復!やわらかアロママッサージでストレス解消​毎日10時~24時西帰浦市中文観光路285​​本日の訪問先は、강남안마 済州中文に位置する私たち一緒にアロマ一日中パソコンの前に座っている私のような事務職の労働者にたまに受けるマッサージはヒーリングそのものの全身マッサージは旅行に行く時以外は受けることがあまりなかったけど久しぶりにもらったら本当にすごく良かった!​​建物の両側に駐車場が本当に広かった済州中文マッサージ、私たち一緒にアロマ旅行に来た方々に本当にいい場所だったけど、遠く海も見えて、中文観光団地のすぐ入口側にあって新羅ホテル、ロッテホテル、ケンジントンホテル、ブヨンホテル、CSホテルなど(大体思いつくだけでもこれくらい)済州島で最も有名なホテルと言えるほど近い。おいしい夕食を食べて宿舎に帰る前にマッサージで消化するのにちょうど良い場所​済州島で有名なマッサージショップは済州市内、西帰浦市内に位置するところが多いですが、私のような島民は市内が便利だが、旅行客が利用するホテルとは距離があるので旅行者には、このように観光地に近いところがよさそうだ。​​​このようにして建物の内部はすべてヒノキでできている。何だかもっと体に良い感じ? もっと癒される感じだった。​​▼下記はメニュー(?)​​商品名が全て済州島の方言になっていた。モンジラクに、きれいにすごく可愛い +__+​私が選んだ商品は「モジラクに」柔らかくてなめらかにという意味だ。私を知っている人ならほとんど知ってるように私の体はすごく硬いからできるだけソフトなものを選んだ。​金額は70分90,000ウォン。済州島の物価、特に中文の物価に比べるとかなり安いと思う。70分ものの顔は含まれていなかった。どうせコロナ19だから家の外に出てマスクは一体だから顔は別に受けない方が良いと思った。​​​真っ先に服を着替えた。タイで初めて見て衝撃を受けた使い捨てパンティー。 何回か着たことがあると慣れたけど初めて見る方は慌てない!​​​服を着替えてぐつぐつ足浴をしながら体を温めてくれるお茶を飲んだ。中文アロマ、私たちのようにアロマが最も良かった点の一つはすべてが暖かかったということ!足浴と暖かいお茶で体を温かくして、マッサージベッドも温水マットをつけたように暖かくて、疲れがさっと取れる感じだった。​​足湯をすませて入ったマッサージ室規模の大きいところではなかったが、1タイムに1チームだけが予約を受けるという。規模が大きい所の長所もあるが、このような所がよりプライベートな感じなので、夫婦、恋人、家族で受けるのがよさそうだ。(同じ仲間の中で性別が違って不便な場合は真ん中にあるカーテンをかけるという)​​そしてマッサージスタート! 最初に始めた時、どこが一番不便なのか聞いた。私はいつも肩と腰が凝っているので、そう申し上げて、肩と腰を重点的に解いて下さった。時々、痛いときに必ず言ってあげる!あまりにも無理して痛く受けると次の日大変だから必ず話してほしいと言われた。​​​​★総評​済州中文アロマ [私たちのようにアロマ] は、まずマッサージベッドが暖かく、たまに温かいタオルで体を覆ってくれて本当に良かった。終わって出てきたら完全にのろのろとそしてアロママッサージを受けて出ると オイルのせいですっきりしない気がするんですがマッサージの合間にオイル機を全部拭いてくれたので、全くべたべたしなかった。すぐに次の日程消化可能!​マッサージ室の内部は心地良い感じ、聞こえる音楽も癒される感じだった。本当にある瞬間、寝て起きてを繰り返す。​そして本当にとても親切だった。ほとんどのサービス職種にいらっしゃる方々がみんな親切ですが、ここでは負担にならない親切さもてなしを受ける感じでよかった。​そしてマッサージ師の方が韓国人だった。 本当に若い女性の方だったんですが最近、済州島に外国から来たマッサージ師の方が多いが、ここは韓国人マッサージ師の方だからもっと楽な感じ。意思疎通もよくできるし良かった!​暖か暖か終わる頃には消化がよくなってお腹から何度も音がして慌てた。血液循環と腸の運動に良いらしい。​​​出てから一杯の水とお菓子で仕上げ!このようにセッティングされている部分が多かった。​ドライヤーとくしも種類別にあって簡単なヘアアレンジも可能だった。​​最後に金額をもう一度!​​とにかく気持ちのいい日曜日だった!また体がだるくなったら行ってみよう。

中文マッサージ、私たち一緒にアロマで疲労回復!
やわらかアロママッサージでストレス解消

毎日10時~24時
西帰浦市中文観光路285


本日の訪問先は、강남안마 済州中文に位置する私たち一緒にアロマ
一日中パソコンの前に座っている私のような事務職の労働者にたまに受けるマッサージはヒーリングそのものの
全身マッサージは旅行に行く時以外は受けることがあまりなかったけど
久しぶりにもらったら本当にすごく良かった!


建物の両側に駐車場が本当に広かった済州中文マッサージ、私たち一緒にアロマ
旅行に来た方々に本当にいい場所だったけど、遠く海も見えて、中文観光団地のすぐ入口側にあって
新羅ホテル、ロッテホテル、ケンジントンホテル、ブヨンホテル、CSホテルなど(大体思いつくだけでもこれくらい)
済州島で最も有名なホテルと言えるほど近い。
おいしい夕食を食べて宿舎に帰る前にマッサージで消化するのにちょうど良い場所

済州島で有名なマッサージショップは済州市内、西帰浦市内に位置するところが多いですが、
私のような島民は市内が便利だが、旅行客が利用するホテルとは距離があるので
旅行者には、このように観光地に近いところがよさそうだ。



このようにして建物の内部はすべてヒノキでできている。
何だかもっと体に良い感じ? もっと癒される感じだった。


▼下記はメニュー(?)


商品名が全て済州島の方言になっていた。
モンジラクに、きれいにすごく可愛い +__+

私が選んだ商品は「モジラクに」柔らかくてなめらかにという意味だ。
私を知っている人ならほとんど知ってるように私の体はすごく硬いから
できるだけソフトなものを選んだ。

金額は70分90,000ウォン。
済州島の物価、特に中文の物価に比べるとかなり安いと思う。
70分ものの顔は含まれていなかった。
どうせコロナ19だから家の外に出てマスクは一体だから顔は別に受けない方が良いと思った。



真っ先に服を着替えた。
タイで初めて見て衝撃を受けた使い捨てパンティー。 何回か着たことがあると慣れたけど
初めて見る方は慌てない!



服を着替えてぐつぐつ足浴をしながら体を温めてくれるお茶を飲んだ。
中文アロマ、私たちのようにアロマが最も良かった点の一つはすべてが暖かかったということ!
足浴と暖かいお茶で体を温かくして、
マッサージベッドも温水マットをつけたように暖かくて、疲れがさっと取れる感じだった。


足湯をすませて入ったマッサージ室
規模の大きいところではなかったが、1タイムに1チームだけが予約を受けるという。
規模が大きい所の長所もあるが、このような所がよりプライベートな感じなので、夫婦、恋人、家族で受けるのがよさそうだ。
(同じ仲間の中で性別が違って不便な場合は真ん中にあるカーテンをかけるという)


そしてマッサージスタート! 最初に始めた時、どこが一番不便なのか聞いた。
私はいつも肩と腰が凝っているので、そう申し上げて、肩と腰を重点的に解いて下さった。
時々、痛いときに必ず言ってあげる!
あまりにも無理して痛く受けると次の日大変だから必ず話してほしいと言われた。




★総評

済州中文アロマ [私たちのようにアロマ] は、まずマッサージベッドが暖かく、
たまに温かいタオルで体を覆ってくれて本当に良かった。
終わって出てきたら完全にのろのろと
そしてアロママッサージを受けて出ると オイルのせいですっきりしない気がするんですが
マッサージの合間にオイル機を全部拭いてくれたので、全くべたべたしなかった。
すぐに次の日程消化可能!

マッサージ室の内部は心地良い感じ、聞こえる音楽も癒される感じだった。
本当にある瞬間、寝て起きてを繰り返す。

そして本当にとても親切だった。
ほとんどのサービス職種にいらっしゃる方々がみんな親切ですが、ここでは負担にならない親切さ
もてなしを受ける感じでよかった。

そしてマッサージ師の方が韓国人だった。 本当に若い女性の方だったんですが
最近、済州島に外国から来たマッサージ師の方が多いが、ここは韓国人マッサージ師の方だからもっと楽な感じ。
意思疎通もよくできるし良かった!

暖か暖か
終わる頃には消化がよくなってお腹から何度も音がして慌てた。
血液循環と腸の運動に良いらしい。



出てから一杯の水とお菓子で仕上げ!
このようにセッティングされている部分が多かった。

ドライヤーとくしも種類別にあって
簡単なヘアアレンジも可能だった。


最後に金額をもう一度!


とにかく気持ちのいい日曜日だった!
また体がだるくなったら行ってみよう。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다