こんにちは。行政士のユン·ミンユです
社会的協同組合は組合員を対象に小額貸し付け事業ができます。 「この小口融資事業は社会的協同組合が行っているほかの事業とは違って、組合員でない人は利用できません」 ​ <社会的協同組合の組合員でない人が利用できない事業> ​ 社会的協同組合の小口融資および相互扶助事業 ​ 医療機関を開設した社会的協同組合の保健·医療事業 ​ その他、社会的協同組合の事業の性格·類型などを考慮して企画財政部令で定める事業 ​ ※ 保健·医療事業を行う社会的協同組合は、総供給量の100分の50の範囲内で、組合員でない者に保健·医療サービスを提供することができる。 社会的協同組合が組合員を対象に小額貸付事業を行うためには、組合の定款において小額貸付事業を定めなければなりません。 ​ この際、小額貸付けの限度は組合員の数、出資金の規模、小額貸付けの種類などを考慮して定款で定められ、小額貸付け総額は納入出資総額の3分の2を超えてすることはできません。 ​ 小口貸出利子率も定款で定めますが、폰테크 小口貸出利子率の最高限度は、韓国銀行が発表する新規取扱額基準の預金銀行の家計貸出加重平均金利を考慮に入れて定められ(2021年2月基準で2.81%)、小口貸出の延滞利子率は「利子制限法」において定める最高利子率(年24%)を超えることはできません。 社会的協同組合の相互扶助事業 社会的協同組合の相互扶助事業とは、組合員間の相互扶助を目的として、各自に分け与えた相互扶助会費を積立金とし、その積立金で相互扶助会費を出した組合員に、婚礼、死亡、疾病等、定款で定める事由が生じた場合に、一定の額の相互扶助金を支給する事業をいいます。 ​ 相互扶助事業は、納入出資金総額の範囲内で小額貸付と同様、組合員を対象にのみ行い、 ​ 相互扶助金の支給事由、支給限度、会費など、相互扶助事業を行うための詳細については、定款で規定します。 使用書体: 微生物、スワッガー体 ●相互扶助、小口融資事業の経営公示 相互扶助事業、少額貸付事業は、主事業およびその他の事業と区分して、別途に会計処理される必要があります。 ​ そして当該会計年度の相互扶助、小口貸付事業の現状について、小口貸付および相互扶助事業結果報告書を作成し、協同組合経営公示を行う際、ともに公示します。 ​ 参考:協同組合、社会的協同組合の経営公示 協同組合、社会的協同組合の経営公示こんにちは。行政士のユン·ミンユです。 12月決算法人の場合、今2~3月期間の間は決算総会、法人税納… 行政士ユン·ミンユは、各事案に応じて依頼人に適切な行政手続きを提示し、それに必要な書類の作成、手続きの代行·代理をお手伝いしています。

社会的協同組合は組合員を対象に小額貸し付け事業ができます。 「この小口融資事業は社会的協同組合が行っているほかの事業とは違って、組合員でない人は利用できません」

<社会的協同組合の組合員でない人が利用できない事業>

  • 社会的協同組合の小口融資および相互扶助事業

  • 医療機関を開設した社会的協同組合の保健·医療事業

  • その他、社会的協同組合の事業の性格·類型などを考慮して企画財政部令で定める事業

※ 保健·医療事業を行う社会的協同組合は、総供給量の100分の50の範囲内で、組合員でない者に保健·医療サービスを提供することができる。

社会的協同組合が組合員を対象に小額貸付事業を行うためには、組合の定款において小額貸付事業を定めなければなりません。

この際、小額貸付けの限度は組合員の数、出資金の規模、小額貸付けの種類などを考慮して定款で定められ、小額貸付け総額は納入出資総額の3分の2を超えてすることはできません。

小口貸出利子率も定款で定めますが、폰테크 小口貸出利子率の最高限度は、韓国銀行が発表する新規取扱額基準の預金銀行の家計貸出加重平均金利を考慮に入れて定められ(2021年2月基準で2.81%)、小口貸出の延滞利子率は「利子制限法」において定める最高利子率(年24%)を超えることはできません。

社会的協同組合の相互扶助事業

社会的協同組合の相互扶助事業とは、組合員間の相互扶助を目的として、各自に分け与えた相互扶助会費を積立金とし、その積立金で相互扶助会費を出した組合員に、婚礼、死亡、疾病等、定款で定める事由が生じた場合に、一定の額の相互扶助金を支給する事業をいいます。

相互扶助事業は、納入出資金総額の範囲内で小額貸付と同様、組合員を対象にのみ行い、

相互扶助金の支給事由、支給限度、会費など、相互扶助事業を行うための詳細については、定款で規定します。

使用書体: 微生物、スワッガー体

●相互扶助、小口融資事業の経営公示

相互扶助事業、少額貸付事業は、主事業およびその他の事業と区分して、別途に会計処理される必要があります。

そして当該会計年度の相互扶助、小口貸付事業の現状について、小口貸付および相互扶助事業結果報告書を作成し、協同組合経営公示を行う際、ともに公示します。

参考:協同組合、社会的協同組合の経営公示

協同組合、社会的協同組合の経営公示
こんにちは。行政士のユン·ミンユです。 12月決算法人の場合、今2~3月期間の間は決算総会、法人税納…

行政士ユン·ミンユは、各事案に応じて依頼人に適切な行政手続きを提示し、それに必要な書類の作成、手続きの代行·代理をお手伝いしています。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다